外資系OLのマンション購入ノウハウ

東京を生き抜くDINKS女子が 「資産形成」と「豊かな暮らし」を両立できるマンションをレビュー

【賢いのはどっち】賃貸のままでも良い?それとも持ち家を買うべきか?

一軒家の写真

 

持ち家か、賃貸か、議論が絶えない永遠のテーマです。

 

特に都心部では、今まさに悩んでいる・何となく頭の片隅にあるテーマの一つである、という方も多いのではないでしょうか。

 

私も以前はその一人でした。現在ではいわゆる「持ち家派」となった私ですが、もう一度原点に立ち戻って「家」「居住」の形について根底の部分から考えてみました。

 

現在のように多様化した社会では万人に当てはまる絶対的な正解は無いと思いますが、みなさんが今の経済状況とライフスタイル・志向に合った選択が出来ればと思いこの記事を執筆しました

 

 

 

賃貸派の主張とそれに対する反論

空き家問題やタワマン廃墟化論は気にしなくてよい

 

近年少子高齢化地方の過疎化が顕著になる中で、空き家が増えていることが全国的な問題ととして浮き彫りになっています。

 

これは紛れもない事実です。

 

読者の方の中にも地方の実家が空き家化してしまっている、両親が老人ホームに入った後に誰も住む人がいなくなってどうしようかと思っている方もいるのではないでしょうか。

 

それもそのはず、ご存知の通り日本の人口は減る一方、コロナ禍で減速しているとは言え都市への人口集中は止まることのない事実ですから、こういった問題を抱える方はどんどん増えていくわけです。

 

売りたくても売れない土地、誰も買ってくれない家、いえ、タダで譲るからどうか貰ってくださいと差し出してもいらないと言われてしまう土地や家が続出しているのです。それはそのはず、タダで貰ってもしっかり固定資産税と管理費がかかる訳ですから。

 

空地であっても空き家であっても固定資産税管理費はかかり続けるわけですから、それを負担することのできない次の世代は、両親亡き後に相続放棄の選択肢を取られる方も多いでしょう。

 

東京などの都心でも空き家は増えているのは事実ですし、郊外のタワマンは高い管理費と修繕積立金を払えない高齢世帯が続出し将来廃墟化するという意見もあります。

 

こうしてどんどんタダ同然でも住めるところが増えていき、今でも空き家バンクに行けばタダ同然で買える・住める家だらけですので、どこでも良いから生活する場所が欲しいとなれば住宅費なんてほとんど要らないのです!!

 

ちなみに…

将来こうした空地・空き家問題を抱えそうな方は以下のような査定サイトでお早めに一度相談してみることをお勧めします

 

業界最大手の「野村の仲介+(PLUS)」

ご自身の不動産が今いくらかを知りたい方へ安心の業界大手。住宅ローンがあってもスムーズに売却できるコツ など、丁寧に売却のお手伝いをして頂けます。

 

相続、離婚などで不動産売却を急いでいる方にも

ダイアモンド不動産研究所・YAHOO!ニュースに記事掲載。他社で売れなくてもスマート仲介なら売れる!囲い込み無し×各不動産ポータルサイト掲載=マッチング機会を最大化して頂けます。

※提携弁護士・税理士による無料相談も実施中。

 

 

でもちょっと待って!

 

あなたが住みたいと思うお家の立地をまず考えてみてください。いくつか現実的に数年後住みたいなあと思う土地やマンション、戸建てでも良いので候補をあげて、実際の値段を検索してみてください。

 

きっとほとんどの方がタダでは住めない場所を選ばれたのではないでしょうか?!むしろ、えっ数年前より全然高くなっていると思われた方も多いのではないでしょうか?

 

住宅市場は二極化しているのです。

 

立地の良い場所はドンドン高く、立地の悪い場所はどんどん価値が下がっているのです。

 

特に地方都市では、少子高齢化によってコンパクトシティ化の動きが盛んに進んでいるため、その傾向が顕著です。

 

また世界的な人口爆発と日本の人口減少が相待って、日本は今後外国人の労働力に頼らなければますます経済が維持できなくなっていきます。

 

外国人の方々が暮らしやすい社会を目指して工程表を作るというニュースが一昨日も流れていましたね。

 

特に大都市圏では、区市町村間でエリート(大卒オフィス勤務の総合職ホワイトカラー)外国人移民の取り合い競争が加速していくことが予想されるため、外国人の好むような立地は人口も維持しやすく、住宅価値も保たれやすくなるかもしれません。

 

したがって立地さえ間違えなければ、空き家問題も廃墟化問題も自分に降りかかってくる可能性は限りなく低いでしょう。

 

老朽化問題も気にしなくてよい

 

買った家やマンションはどんどん老朽化していくため費用が高くて維持できなくなる、だから賃貸の方が気軽でよいという人がいます。

 

考え方はよくわかるのですが、本当にそうでしょうか?

 

まず大家さん業もボランティア活動ではありませんから、維持費や修繕費は当然毎月の家賃や管理費、更新料などに転嫁されています。

 

ボロボロのアパートに一生住む覚悟がなければ、その時その時のスタンダードもしくはそれ以上の清潔な環境と機能・グレードを求める方は多いのではないでしょうか(例えば今時お風呂は樽というわけにはいかないし、洗濯機もベランダでは嫌ですよね…もしろん今でもそんな物件はあります)。

 

結局賃貸に住んでいても自分のマンションやアパートが老朽化したら、どこかもっといいところに住み替える人も多いでしょうし、それには敷金・礼金、引越し代などお金がかかるのは持ち家と何ら変わらないのです。

 

キチンと最新のものを導入してくれる高級賃貸マンションであれば、それは持ち家と変わらず価格も高いですよ。

 

タワマン廃墟化論も、老朽化するから修繕費が払えずに…という理論になるわけですが、立地の良いタワマンに住んでいる方々の所得は平均の2倍、いや3、4倍あることも通常ですので、彼らが修繕費を払えずに廃墟化したときには、その他ほとんどの日本の住宅が廃墟化した後だと思いますよ。

 

「所有」から「シェアする」時代になったから住宅も買わなくて良いは本当か?

 

家の「サブスク」や「シェアハウス」流行っていますよね。

 

私はサブスクの経験はありませんが、学生時代にシェアハウスに住んでみたことはあります!とっても楽しかったので、一度は経験されることを心からオススメします♪

 

シェアハウス日本最大手のオークハウス

とにかく初期費用が通常の賃貸アパートと比較して安い! 内訳は敷金礼金・連帯保証人不要家具家電付き、インターネット接続料込み。

 

 

大型シェアハウス=ソーシャルレジデンスにはジム、シアタールーム、大浴場、岩盤浴、防音室、 カフェラウンジ、オフィススペースも有りで、一人暮らしにはない設備が利用出来ます

 

また「マツコ会議」でも取り上げられた 「出会い」も大きな魅力で、友人・恋人関係から 結婚されたカップルも多数。 ハウス内での英会話レッスンなど外国人との交流を求めて入居する方も昔から多くいらっしゃるようです。  

都内好立地に月3万円〜住める!

一番人気の『シェアドアパートメント』は、築浅の物件で、全室鍵付き個室。個室内にテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が備え付け。

平日だけ都心に住めるサブスク住居

平日だけ都心に住める、新しい都心の暮らしを提案するサイト。

 

Unitoは、一般的な賃貸マンションと異なり、「最短1ヶ月から」「敷金・礼金なし」「家具家電付きのお部屋にも」「家を利用しない日は、ホテルとして貸し出すことで、家賃が下がる」お部屋を掲載しています。

 

 

・埼玉や神奈川・千葉などに実家を持っている方は、平日は会社近くに暮らし、土日は実家に帰る。

・旅行が好きで、頻繁に旅行に出かけるために、家を空けることが多い。 そんな時に、使わない日はホテルとして貸し出すことで、家賃が下がる。

 

つまり必要な分だけ家賃を支払うことで、家賃を節約できるサービスです。

 

どれも面白そうですね♪

 

しかし一生続けられますか?独身ならそれでもよいかもしれないけれど、子供がいたら難しいでしょう。

 

暴落説を気にしてもしょうがない

 

いつか暴落する可能性はあるのかもしれませんね。しかし歴史的に見て、不景気時に一時下がっても、また順調に上がってきました。

 

日本だけでなく、世界的な大都市を見ても同じ傾向です。

 

結局住宅市場は長期的にみると緩やかに右肩上がりの安定した市場なのです。

 

もちろん底値で買えるのが理想的ですが、元気で働けている内には暴落がこない可能性もありますよね?

 

それに…暴落が来た後に皆がもっと更に下がるかも、二番底が来るかもと、お金を使うことを控えているときに自分だけ買う!という勇気のある行動が取れる自信がありますか?!

 

もっと損するかもというリスクを抱えながら…

 

それに本当に経済が厳しくなれば銀行の資金繰りも悪化して住宅ローンも借りにくくなってしまうかもしれません。

 

だから「買いたいとき・必要なときが買い時」という言葉もあるわけです。

 

マイホームは資産にならない?いいえ、なります!

 

「立地を間違えなければ」という注釈付きです。

 

上で触れ通りですが、あなたが住みたいと思うような立地に、清潔感・デザイン・機能を備えた住宅の価格が暴落する可能性は大変低いでしょう。

 

しかしながら、少子高齢化・コンパクトシティ化・都市化と流れは確実な中で、立地を間違えてしまえば、持ち家はただの贅沢品となり資産にはならない可能性が高くなるでしょう。

 

 

賃貸のままでいるリスク

つきまとうインフレリスク「賃貸」vs「持ち家」は同額出費にはならない!

よくSUUMOなどの住宅情報誌では「家購入VS一生賃貸」の特集をやっています。皆さんもよく知っているでしょうが、これ大体出費は同額となります

 

一生にかかる出費が同じなら、めんどくさい&借金をしなければいけない住宅購入をするよりも、一生賃貸の方が気軽でよいと言う人も多いです。

 

しかし、ここには決定的に欠けている視点があります!!それは「インフレ」リスクです。

 

一生家賃を払い続けるということは、一生インフレリスクにさらされ続けるということなのです。

 

インフレ(=インフレーション)とはモノの物価が上がることですが、インフレになると金利や家賃も連動して上昇します。

 

適切な水準のインフレは経済にとって重要ですので、2%のインフレ目標を掲げた黒田総裁の任期終了後も少しづつですがインフレさせる政策が取られていくのは間違いありません。

 

怖いのは健全なインフレではなくスタグフレーション化した際、給料は上がらないにもかかわらず金利上昇に伴い家賃は上がっていきます。

 

対して住宅購入であれば、もし今の時点で35年固定金利で住宅ローンを組んでしまえば、今の住宅ローン金利で今後35年間の支払い額を確定させることができます。

 

インフレに対してもヘッジができますね。

 

家族の大黒柱に何かあったら残された家族はどうなる?

 

夫婦と子供2人で賃貸マンションに住むご家庭を考えてみましょう。仮に夫の年収600万円・妻200万円、家賃は15万円とします。

 

もしこのとき夫が病気で倒れて働けなくなった、もしくは他界してしまったら…

 

もちろん妻の200万円の収入では家賃15万円のマンションには住めません。もっと小さいお部屋に引っ越すか、最悪エリアを変えなければもっと安いところは見つからずに子どもたちも転校することになるかもしれません。

 

対して、これが持ち家の住宅ローンだった場合はどうでしょう。

 

住宅ローンであればもしペアローンだったとしても夫の支払い分に生命保険が掛かっています。夫に不幸があっても、夫の住宅ローン分も一緒に消滅します。

 

生命保険会社が住宅ローンを完済してくれるのです。ガン等重大疾患の特約をつけておけば、診断された時点で住宅ローン債務がなくなるローンタイプも選択できます。

 

その結果、子供たちも住みなれたお家、学校から離れる必要もないのです。

 

持ち家を買うリスク

賃貸のままの方がリスクは高いと思いますが、持ち家を買うにもリスクはあります。主な注意点を以下紹介します。

 

立地を間違えてお金をかけすぎると資産になるどころか浪費となる

 

家の資産価値とは、将来、売りたいと思ったとき「いくらで売れるか」という現金化したときのお金の価値です。

 

この「いくらで売れるか」を決めるのは「立地」なのです。

 

東京の一等地に建つマンションは、買ったときの値段より高く売れるところは沢山存在します。築30年でも築50年でもです。

 

東京でなくとも地方の幹線鉄道駅の駅前立地と、そこから離れた何もない畑の中に立つ家を比較すると、買ったときの値段は同じでも、売るときの値段は全く違うでしょう。

 

例えば同じ5000万円かけて、

1)地方の幹線駅前のマンションの一部屋をかう

2)駅から歩けない距離の何にもない畑の真ん中に豪邸を建てる

 

どちらも掛かったお金も住宅ローンの毎月の返済額も同じですが、2番目の場合買い手がつかない可能性が高く、そうすると現金化できずにマイホームは結局資産にならないということになってしまいます。

 

住宅ローン破綻のリスク

 

ローンを組むということは、もちろん破綻のリスクが誰にでもあります。

 

しかしライフル・ホームズの調査記事によると住宅ローン破綻をする人の割合は平時で0.5〜0.8%程度、経済危機下でも1%を少し超える程度と報じられています。

 

200人に1〜2人の割合となっており、思ったよりかなり少ないですね。ほとんどの方はしっかり計画的にローンを組み、返済しているという事実が統計から伺えます。

 

もし住宅ローンについて不安だという方、家を買うべきか悩んでいる方、家を買いたいけど経済的な不安がある方は専門家へ無料相談もオススメです!

 

一人で悩んでいるより聞いてしまった方が早いですよ♪

 

住宅ローンに不安をお持ちの方へ無料相談FP、住宅ローンアドバイザーの資格をもつスタッフが貴方の状況に応じたアドバイスをしてくれます。

日本全国47都道府県で相談可能

不動産会社と紐づかないファインシャルプランナーと相談者をマッチングするサービスです。

 

不動産会社と提携しているファイナンシャルプランナーの場合、家の予算が高くても、家を買えるように導かなければなりません。しかしこちらの窓口では不動産会社から独立した立場で相談を受けることができるので、常に相談者さまの立場から考えてくれるとのこと。

 

持ち家のメリットはたくさんある!

立地を間違えなければ資産になる可能性が高い

 

既に上述しましたが、家の資産価値とは、将来、売りたいと思ったとき「いくらで売れるか」という現金化したときのお金の価値です。

 

この「いくらで売れるか」を決めるのは「立地」なのです。

 

「立地」を構成する要素は沢山あるので別記事で別途取り上げたいと思いますが、簡単な目安として以下のような調べ方のクセをつけてみましょう

 

まず自分が住みたいエリアがあれば、そこの新築もしくは中古マンション・戸建ての販売価格を調べます。

 

ここまでは皆さん普通にやりますよね。

 

次に同じエリア・条件(広さ・間取り・駅からの距離など)で売却されている物件を探してみましょう

 

築年数ごとにいくらで売られているでしょうか?

 

もし最初に見つけた新築/中古物件を買ったとしたら、大体10年後、20年後、30年後、50年後に大体いくらで現金化できそうか(=資産価値があるのか)目安となるものが見つかったのではないでしょうか?

 

実質毎月いくらで住めそうかという目安も計算できますね。

 

※ 実際、売却価格と成約価格は違うので、本当は成約価格を不動産屋さんに聞いてみるのがよいす。

※ 物件価格はその時の経済状況や街の活気・行政などによっても影響を受けるので、絶対ということはありません。あくまで目安です。

※ それに…将来”火星”に移住することが選択肢になったとしたら、それは地球の住宅市場がどんな影響を受けるのかは分かりませんよ…?!(笑)

 

万が一のとき家族を守ることができる生命保険としての持ち家

 

こちらも既に前述しました。

 

もし家族の大黒柱が他界してしまっても、持ち家の住宅ローンを組んでいる場合は、生命保険会社が住宅ローンを完済してくれるのです。

 

ガン等重大疾患の特約をつけておけば、診断された時点で住宅ローン債務がなくなるローンタイプも選択できます。

 

賃貸住宅とは違い、残された家族が路頭に迷うという事態を避けることができるのです。

 

生活の質は確実に上がる

 

賃貸住宅と持ち家では、建てるのに使われている建材や、設備仕様のグレードが違います

 

それは私が賃貸マンションから分譲マンションに引っ越して痛感しました。

 

例えば、通常賃貸マンションにはない次のような設備が分譲マンションには標準装備されています。

  • ハンズフリーキー
  • 食器洗い機
  • ディスポーザー
  • 床暖房
  • サッシがペアガラスで防音・断熱性能が高い
  • 個別住戸の玄関前カメラ付きインターフォン・セコムセキュリティー
  • 二重床二重天井・住戸間の戸境壁がしっかりしているため騒音問題が少ない
  • 天井高がより高め

 

あげればキリがないです。毎日の生活がより便利に快適になりますよ♪

 

居住地を制限されることなく住み替えも可能

 

35年ローンを組んだからと言って、35年間そこに住めというわけではないですよ!

 

今の自宅を売ってそのお金でもっと広いお家を買ったり、場所を変えたりということはいつでも誰でもできます。

 

都心マンションだと大体10年以内で住み替えている方も多い気がします。

 

ライフステージによって必要な広さや立地の条件も変わるのは当たり前ですよね♪

 

仲介手数料無料のマイホーム探し

マイホームの購入を検討している方 、住み替えを検討している方へ

 

 

通常不動産を購入する場合、仲介手数料(物件価格×3%+6万円+税)がかかります。 例えば4000万円の新築一戸建てを購入する場合、4000万円×3%+6万円+消費税(10%)=132万円の仲介手数料がかかりますが、【ZERO!HOMES(ゼロホームズ)】であれば、仲介手数料無料で物件の紹介が可能です。

複数ハウスメーカー・工務店に一括資料請求

一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に資料請求・来場申込が出来るサイトです。

 

注文住宅で家を建てたいと思っていても、どこに依頼したら良いか悩む人は多いはず。持ち家計画では、一度の入力で全国100社以上の住宅メーカーからお客様の条件やご希望に合った企業を選ぶこ とができるので、依頼先の検討に最適です。

 

資料請求だけでなく、全国(離島など一部除く)のハウスメーカーを選択でき、自宅近くの展示場・店舗への来場申込が可能です。

 

注文住宅になんとなく興味がある方へ

無料で注文住宅の疑問や悩みが解決する、注文住宅の相談受付サイト。
注文住宅のお悩みやご要望、住宅会社選びなどを電話で相談!注文住宅の最適な間取りや見積りから、注文住宅会社選びまでを無料でサポートしてくれます。

 

 

見積もりができるのはこちらから。

 

それでも賃貸の方が向いているかたへ

社会のニーズは多様ですから、もちろん賃貸のままの方が向いている方も当然いると思います。

 

以下のような考え方・もしくは属性の方だと考えます。

✔︎ そもそも転勤ばかりで一つの地域に数年もいない方
✔︎ 一生独り身でいたい方
✔︎ 絶対に子供はいらない方
✔︎ 資産を築きたいというよりも借金に大きな抵抗感の方が大きい方
✔︎ 資産は住宅よりも利回りの高い金融商品で築いていきたいという金融知識の豊富な方

 

以上、巷に出回っている賃貸最高説に惑わされるのではなく、自分のライフプランに合った居住の形を自分の頭で考えていくことができれば良いと思っています。