都心マンションの購入を本気で考えるブログ

半投半住で資産形成と居心地の両立を目指す

Tomitaショールーム訪問記

つい先日、輸入壁紙を多く取り扱うTomitaの京橋本社ショールームへお邪魔してきました。

 

在宅勤務も長くなってきて、なんとなくリフレッシュしたいなぁ、お部屋のイメージチェンジしたいなぁ、という気持ちが出てきたので、今のマンションの壁紙を変えたい!と思ったのです。

 

トミタのインスタをフォローしていて、素敵な壁紙が多いなぁなんて思っていましたので今回ショールームに電話をして来店予約をしました。

 

電話に出てくれたのは、気の良いおばちゃんという感じで、気さくな雰囲気。

 

あまりまだ具体的なイメージも固まってないことを伝えると、まず来店して色々見てみて〜!私たちもプロだからアドバイスするわ〜!って。

 

来店時に、できれば家にある家具の写真と、お部屋の図面があれば雰囲気が分かるから是非持ってきて下さいとのこと。

 

当日は床のお色味が分かる写真も持参しました。

 

ところがモデルルームに訪問してみて対応してくれたのは若い子で、特に図面を見せてくださいとかも言われずアドバイスも何もなく、何どんなのが見たいですか?って。

 

種類が沢山ありすぎて、全部は見きれないので、何となくこんな雰囲気がいいって伝えると色々とカタログを持って来てくれました。

 

カタログも色々ありすぎて、どれがどこにあるのかよく覚えていられるなぁと感心しました。

 

もうちょっとインテリア的なアドバイスとか貰えると嬉しかったけど、まぁ私もイメージが固まってなかったのが悪いなぁと反省。

 

ショールーム訪問では、インスタとかPinterestでこんな感じにしたい!というのをぶつける場にするのが効率が良いみたいです。

 

なんだかんだで結構気に入った壁紙も複数みつかり、検討のためのサンプルも沢山頂けて満足(^^)

 

注意点としては、壁紙のサンプルって20cm × 25cm くらいの大きさで貰えるんですが、実際に壁一面に貼ってみた時と、サンプルの細切れで見た時では、感じ方が大分違うようです。

 

壁一面にはると色味がより薄れて感じるんだとか。

なのでサンプルを見ながら決めるのもいまいち難しいですね。

 

なので、やはり明確な壁の色、デザインイメージを持ってから、それを探しに行くというスタンスが良いのかなと思います。

 

もう少しPinterestを漁ってイメージを付けてから、目白にあるTECIDOにも行ってみたいし、Tomitaも再挑戦しようかなと思います!

 

あとは、最近大理石パネルや、ダイノックシートなんかも気になってます。

 

これから色々模索していければと思います!